タイ南部チュンポンタウン現地情報

タイ南部にあるタオ島への玄関口チュンポン。鉄道、バス、ボートなどのバンコク、チュンポンやタオ島への交通、田舎ならではのコストパフォーマンスの高いホテル、ゲストハウス、タイの屋台料理、怪しげな日本食、飲茶のお店などグルメ情報も|バンコク|マレーシア|タオ島|ミャンマー|プーケット|クラビ|フアヒン|サムイ島|ハジャイ|パンガン島|ラノーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

チュンポンから西に約50kmのクラ地峡

☆タイ国内1000バーツ以下のホテル

チュンポンから約50kmのクラ地峡

マレー半島の狭い部分でもあり、
かつて、何度かインド洋とタイ湾をつなげようと
計画されていたことがあります。
50km程度でタイ湾にでられます。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

タイ語ではコーコッドクラと呼ぶようです。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

こう見ると、ミャンマーに行けちゃいそうな感じ。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

展望台からも国境が眺められるようです。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

国境警備の警察

チュンポンから約50kmのクラ地峡

タイ語の説明書き

チュンポンから約50kmのクラ地峡

文字がかすれて読みにくい英語の説明

チュンポンから約50kmのクラ地峡

タイ側の川沿いから見たミャンマー方面。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

特に見渡しが良い場所でもなく…。

チュンポンから約50kmのクラ地峡

川の向こうはジャングルっぽい。

いつかミャンマー側からタイ側を眺めることが
できるようになるのだろうか?
スポンサーサイト

テーマ:タイ|チュンポン - ジャンル:海外情報

スポンサーリンク

チュンポン駅側のPTTガソリンスタンドの空気入れ

☆ロードバイクやMTB、自転車用アクセサリーの格安海外通販Wiggle

チュンポン駅側のPTTガソリンスタンドの空気入れ

チュンポン駅の近くにあるセブンイレブン併設の
PTTのガソリンスタンドには空気入れが無料で利用できます。

本来、車用なのですが、自転車でも使えて便利。
ガソリンスタンドはやってなくても、セブンイレブンと
空気入れは夜中でも利用可。
トイレも無料で、利用価値大な感じ。

テーマ:タイ|チュンポン - ジャンル:海外情報

スポンサーリンク

深夜のチュンポン駅

☆タイ国内1000バーツ以下のホテル

深夜のチュンポン駅

チュンポンはハジャイや深南部発の列車や
スラタニやナコンシータマラートなどを始発する列車、
もちろん、バンコク発の下り列車も通過するので
かなり忙しい駅のような気がします。

テーマ:タイ|チュンポン - ジャンル:海外情報

スポンサーリンク

ラメー駅と駅側にある旧市街のマーケット

☆タイ国内1000バーツ以下のホテル

ラメー駅看板

ラメー駅の看板。

かなりローカルの駅で、駅舎はキレイなものの、
駅員が全くいないので、一瞬、無人駅か!?と思ってしまいました。

列車の到着が近くなると、どこからともなく
バイクに乗った私服の駅員さんが現れました。

何か副業でもしてんじゃないの?と勘ぐってしまうくらい。

ラメー駅舎

ラメー駅舎。
国道41号から来ると駅の裏手になり、
車やバイクは少し迂回しないと駅の正面には行けません。
あまり行く必要もないかもしれませんが。
国道から約2km程度。

見送りなんかも駅の裏手までで、歩いて線路を渡る感じ。

ラメー駅前のマーケット

ラメー駅裏手にある旧市街のマーケット。
この付近の住民の台所的な感じ。

建物の中は屋台や服飾、小物、雑貨屋さんなどが入り、
建物の外に肉や野菜などの生鮮食料がありました。

マーケット前のセブンイレブンと合わせ、
ラメー住民の食事が完結です。

建物の中のマーケットの様子

マーケット建物の中の様子

ガイトーイスラムの屋台

建物の中にあったガイトーイスラム。
モスリム風フライドチキンですね。

カオモックガイ

カオモックガイを買ってみました。
30バーツ。

サフランライスみたいのに揚げにんにく、揚げたまねぎが
振りかけられていて美味しかったです。

マーケットで買ったマンゴスチン(マンクット)

マーケット内で買ったマンゴスチン。
1kg15バーツでした。
とても美味しい。

テーマ:タイ|チュンポン - ジャンル:海外情報

スポンサーリンク

ラメー郡にあるタムカオプルー温泉に行ってきました

☆タイの天然温泉情報☆

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

チュンポンやランスワンから国道41号線を南へ。
チュンポン県とスラタニ県の県境の側にあります。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

国道沿いでみた温泉の案内標識

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

温泉まであと3km

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

洞窟か鍾乳洞みたいのもあるらしいです。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

温泉への大きな案内看板

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

国道から400mとのこと

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

ドゥアットという町というか集落になるようです。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

国道から左折したところ。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

さらに左に曲がる場所

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

奥に何やら温泉のものらしき門が見えました。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

左の窓口で入場料金を払います。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

大人20バーツ
子供10バーツ
個室利用料金 1時間200バーツ
営業時間 9~18時

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

入場料金20バーツ

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

右の方へ行くと、駐車場と何やら建物が見えます。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

温泉付帯施設のようです。
見に行くと、閉まってました。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

チュンポン県ラメー郡スワンデーン地区ドゥワット町2番(?)にあります。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

こちらは個室。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

そこそこに大きなバスタブ。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

ビーチチェアみたいのもあり、休みながら入れるようです。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

森の中に入って行くと、温泉プールがあるらしい。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

案内標識

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

トレイルロードのような感じ。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

タバコ、ペット、食事もNGのようです。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

こちらが無料の温泉プール

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

真ん中から時々ボコボコっと噴き出すのは源泉らしく
かなりの熱さでした。

本気で温泉に入る人は個室を利用しているようでした。
温泉プールは足浴みたいな感じに。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

温泉の説明らしいですが、温度くらいしかわかりません。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

ジャングルのようです。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

奥の方にもう一つプールがありましたが
そちらは使われてませんでした。

どうも、今一つ人気のある温泉ではないようです。
もう少し、入浴施設として開放したら良いのかもしれません。
洞窟観光のオマケ的になってしまったのかと。

タイ南部チュンポン県ラメー郡ドゥアット地区にあるタムカオプルー温泉

巨大な葉の植物を見かけました。
雨が降ったら傘になりそう。

温泉への門の手前に食事する場所が並んでました。
飲料水などもそこで買うことができます。

温泉プールの横にはかつてシャワーがあったような建物の中に
トイレもありました。一応そこで着替えることができます。

鉄道ラメー駅まで約6km。
鉄道駅からソンテウなどに乗って国道の入り口までは行けそうです。

テーマ:タイ|チュンポン - ジャンル:海外情報

スポンサーリンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。